平成の時代も、2019年に終了することが明確となりました。「平成」とは、どんな時代だったでしょうか。昭和の高度経済成長の遺産を食いつぶすだけの時代だったのかもしれません。そう書きたくなるほど、失われた20年は日本人が自信をなくした20年でした。「電子立国日本が世界の市場を制覇していたんだよ」と、平成生まれの若者に話しても、きょとんとした顔をするかもしれません。

しかし、まだ日本人と日本には、世界に貢献できる知恵と技術があります。たとえば、ナノテクノロジー、たとえば、パワー半導体。そして世界にも類をみない自然という資産があります。サクラコミュニティ戦略研究センターは、確固たる未来のビジョンのもとに最先端の技術をプロデュースし、エネルギー・情報・物流の3分野の革新をうながし、明日への希望をかたちにする会社です。